保守論客の独り言

社会の様々な問題に保守の視点で斬り込みます

東京五輪に沸く日本人を批判する芥川賞作家・平野啓一郎氏(2) ~日本人を見下す「私の目」~

《真の罪の文化が内面的な罪の自覚にもとづいて善行を行なうのに対して、真の恥の文化は外面的強制力にもとづいて善行を行なう。恥は他人の批評に対する反応である。人は人前で嘲笑され、拒否されるか、あるいは嘲笑されたと思いこむことによって恥を感じる。いずれの場合においても、恥は強力な強制力となる。ただしかし、恥を感じるためには、実際にその場に他人がいあわせるか、あるいは少なくとも、いあわせると思いこむことが必要である》(ルース・ベネディクト菊と刀』(講談社学術文庫)長谷川松治訳、p. 273)

 本書を受け、法社会学の泰斗(たいと)・川島武宣(たけよし)は次のように述べた。

《本書に描かれまた分析されたわれわれ自身の生活は、まさにわれわれのみにくい姿を赤裸々に白日の下にさらすものであって、われわれに深い反省を迫ってやまない》(同、「評価と批判」、p. 390

 川島氏は、自らもこの醜い日本人の一人だと思っていたのであろうか。それとも戦後進歩的文化人という「高み」から半ば他人事として日本人を蔑(さげす)んだのであろうか。

《かつて漢学を学んだ日本人は「俯仰不愧天地(ふぎょうてんちにはじず)」と言い、仰いで天に対し伏して地に対し恥じない、という孟子の道徳規範を良しとした。

 儒教由来のこの訓(おし)えは武士の胸に刻まれたが、それは曲がったことはしたくない、という日本庶民の心根とも合致したから、人口に膾炙(かいしゃ)した。それはまた清らかさを尊ぶ神道由来の日本人の美意識とも重なった。恥ずべきことをしてはお天道(てんとう)さまやご先祖さまに相済まぬ、という感覚を日本人は、士族にかぎらず、分かち持ったし、いまでも分かち持っている。

 そのように天を畏れて身を処する人は、世間の義理を欠くことを惧(おそ)れて、外的強制力の下にのみ行動する人ではない。他人が見ていようがいまいがきちんと身を持する人は「罪の文化」の人でもなければ「恥の文化」の人でもない。日本人はそうと自覚せずとも実は先祖代々の「神道の文化」に従っている人である》(平川祐弘:2017年8月21日付産経新聞「正論」)

 話を平野啓一郎氏のツイートに戻そう。

《開催国が思いきり有利な状況下での大会で、コロナで非常に困難な状況で参加している国も多々あるのに、せめて日本の「メダルラッシュ」などとはしゃがないとか、国別の順位の表示はしないとか、そういう最低限の慎みさえないのか。恥》(7月28日付ツイッター

 が、ベネディクト女史も言うように、<恥は他人の批評に対する反応である>。五輪で沸き立つ日本人を恥ずかしいと思うのは日本人から懸け離れた自分自身である。

 <恥の文化>において基準となるのは世間体(せけんてい)という「公の目」である。一方、平野氏の言う<恥>の基準は日本人を見下ろす「私の目」である。前者には「謙虚さ」があり、後者には「高慢さ」がある。【続】

東京五輪に沸く日本人を批判する芥川賞作家・平野啓一郎氏(1) ~日本を批判せずにはおれない習性~

f:id:ikeuchild:20210731203509p:plain

  何とも斜に構えた物言いだが、平野氏には、日本を批判せずにはおれない「心性(しんせい)」があるのだろう。

 東京大学名誉教授・平川祐弘(すけひろ)氏は言う。

《わが国は昔は大陸から、明治後は西洋から、文化を取り入れた。それが昭和前期には日本のみを尊しとする夜郎自大の言動や行動も見られた。敗戦を機に今度はそれが逆転し、日本を悪く言えばそれがあたかも正義であるかのような論調となり、一部の学者先生は旧日本をあしざまに言うことで論壇のヒーローとなった。その知的倒錯の度が過ぎて、人民民主主義万歳を叫ぶ人も出た。

 だが幸いわが国は文化大革命をやらかすような野蛮国にならずにすんだ。そんな20世紀後半の世界史の有為転変にもかかわらず、わが国の論壇では日本を悪く言えば格好がいいと心得る人が今もなお結構いらっしゃる》(平川祐弘「すがすがしい神道文化の中で育った日本人であること、誇りにこそ思え卑下するつもりはない」:2017年8月21日付産経新聞「正論」)

 さて、平野氏のツイートで気になったのは「恥」という言葉である。

 米国の文化人類学ルース・ベネディクト女史は、日本を「恥の文化」と称した。

《さまざまな文化の人類学的研究において重要なことは、恥を基調とする文化と、罪を基調とする文化とを区別することである。道徳の絶対的標準を説き、良心の啓発を頼みにする社会は、罪の文化(guilt culture)と定義することができる。

しかしながらそのような社会の人間も、たとえばアメリカの場合のように、罪悪感のほかに、それ自体はけっして罪でないなにかへまなことをしでかした時に、恥辱感にさいなまれることがありうる。

たとえば、時と場合にふさわしい服装をしなかったことや、なにか言いそこないをしたことで、非常に煩悶(はんもん)することがある。恥が主要な強制力となっている文化においても、人びとは、われわれならば当然だれでも罪を犯したと感じるだろうと思うような行為を行なった場合には煩悶する。この煩悶は時には非常に強烈なことがある。しかもそれは、罪のように、慨悔(ざんげ)や贖罪(しょくざい)によって軽減することができない。

罪を犯した人間は、その罪を包まず告白することによって、重荷をおろすことができる。この告白という手段は、われわれの世俗的療法において、また、その他の点に関してはほとんど共通点をもたない多くの宗教団体によって利用されている。われわれはそれが気持ちを軽くしてくれることを知っている。恥が主要な強制力となっているところにおいては、たとえ相手が懺悔聴聞僧であっても、あやまちを告白してもいっこうに気が楽にはならない。それどころか逆に、悪い行ないが「世人の前に露顕」しない限り、思いわずらう必要はないのであって、告白はかえって自ら苦労を求めることになると考えられている。

したがって、恥の文化(shame culture)には、人間に対してはもとより、神に対してさえも告白するという習慣はない。幸運を祈願する儀式はあるが、贖罪の儀式はない》(ルース・ベネディクト菊と刀』(講談社学術文庫)長谷川松治訳、pp. 272-273​【続】​

東京五輪に政治問題を安易に持ち込むな!

《札幌ドームで24日に行われた東京オリンピック(五輪)のサッカー女子1次リーグE組の日本―英国で、英国チームの選手たちが試合開始前にピッチ上で片ひざをつき、人種差別に抗議した。日本の選手たちも同調した》(朝日新聞デジタル2021年7月24日 23時31分)

f:id:ikeuchild:20210727091016j:plain

試合前、ピッチ上で片ひざをつき、人種差別に抗議する熊谷紗希(右)と中島依美。手前は英国のウォルシュ④=2021724日、札幌ドーム、伊藤進之介撮影(同)

 おそらく多くの日本人は、この光景に少なからず「違和感」を覚えるに違いない。そもそも片膝をつくことがどういう意味か分かる人はどれだけいるだろうか。

Taking the knee has become a globalised symbol of fighting racism, initially gaining worldwide attention in American football with some players going down on one knee during the national anthem at the beginning of the game.

The act is now performed as part of the Black Lives Matter movement following the death of George Floyd while in police custody in Minneapolis in May last year. -- Daily Mail 18:14 BST, 20 July 2021

(跪(ひざまず)きは、人種差別と闘う象徴としてグローバル化し、当初アメリカンフットボールの試合開始時の国歌斉唱時に、一部の選手が片膝立ちになって世界の注目を集めた。

 その行為は、昨年5月、ミネアポリスで警察の拘留中、ジョージ・フロイドが死亡したことを受け、今やブラック・ライヴズ・マター運動の一環として行われている)

 つまり、片膝立ちを行うことは、昨年米国で大問題となった「ブラック・ライヴズ・マター(黒人の命は大切だ)」(BLM)運動に賛同することを意味することになるのである。

 米国には、かつて黒人を奴隷としていた歴史がある。好むと好まざるとに関わらず米国人はこの問題の「当事者」である。が、日本人にはそのような黒歴史はない。にもかかわらずどうしてこのような厄介な問題に自ら足を踏み入れなければならないのか。

 米国では、BLMが一部「絶対正義」と化し、黒人が白人に対し傍若無人な振る舞いを行う事件が頻発している。

 異国の人種差別問題の是非を理解し判断するのは容易ではない。安易な気持ちで一方の側に与(くみ)する態度を示すことは避けるべきではないか。

《主将のDF熊谷紗希によると、知り合いの英国選手から試合前の行為について連絡を受け、チーム全員で話し合ったという。「私たちも人種差別について考えるきっかけになった。イギリスの選手たちのアクションに対してのリスペクトという意味で、私たちもやろうと決めた」と説明した》(同、朝日新聞デジタル

 国情が違うのである。日の丸を背負っている以上、自分達だけで決められる問題でないことをもっと理解すべきである。

国際オリンピック委員会IOC)は、これまで五輪憲章50条に基づいて政治や宗教、人種的な意思表示を禁止してきたが、今大会からは競技会場でも試合前や選手紹介など一部に限って容認する方針としていた》(同)

 だとすれば、今回の政治的振る舞いはそれだけで非難されるべきものではないとも言える。IOCがどうして五輪会場における政治的意思表示を可としたのか知らないけれども、五輪競技が政治に左右されることのないように、これまで通り政治色を排除する方が良かったのではないか。