保守論客の独り言

社会の様々な問題に保守の視点で斬り込みます

三島由紀夫が指摘する憲法問題について(3) ~日本には「不文憲法」が相応しい~

《このやうな矛盾は明らかに、第一條に於て、天皇といふ、超個人的・伝統的・歴史的存在の、時間的連続性(永遠)の保証者たる機能を、「国民主権」といふ、個人的・非伝統的・非歴史的・空間的概念を以て裁いたといふ無理から生じたものである》(「新憲法における『日本』の缺落」:松藤竹二郎『血滾る 三島由紀夫憲法改正』(毎日ワンズ)、p. 107)

 が、「国民主権」を、「死者をも含めた国民」≒「伝統」と解せば、天皇は伝統的存在ということとなり矛盾は生じない。

天皇制を単なる慣習法と見るか、そこに日本的自然法を見るかについては、議論の分れるところであらう。英国のやうに慣習法が強い国が、自然法理念の圧力に抗して、憲法を不文のままに置き、慣習法の運用によって、同等の法的効果と法的救済を実現してゆくが如き手続は、日本では望みがたいが、すべてをフランス革命の理念とピューリタニズムの使命感で割り切って、巨大な抽象的な国家体制を作り上げたアメリカの法秩序が、日本の風土にもっとも不適合であることは言ふを俟たない》(同、p. 108)

 私の年来の主張は、日本も英国と同様に成文憲法ではなく「不文憲法」を採用すべきだということであり、この三島の説に私は同意する。<革命>を夢み導入された現行憲法は廃棄し、慣習法たる「コモン・ロー」(common law)による統治を目指すべきである。

《現代はふしぎな時代で、信教の自由が先進諸国の共通の表看板になりながら、18世紀以来の西欧人文主義の諸理念は、各国の基本法にのしかかり、これを制圧して、これに対する自由を許してゐないのである。われわれがもしあらゆる宗教を信ずることに自由であるなら、どうして近代的法理念のコンフォーミティーからだけは自由でありえない、といふことがあらうか? 又逆に、もしわれわれが近代的法理念のコンフォーミティーからは自由でありえないとするならば、習俗、伝習、慣習、文化、歴史、宗教などの民族的固有性からそれほど自由でありうるのだらうか》(同)

 <コンフォーミティー>(conformity)とは「画一」「服従」という意味であるが、確かに、西欧理念への服従圧力は甚だしい。

 日本の伝統文化を否定するために導入された現行憲法の下で、西欧理念を検証するのは難しい。が、戦後憲法が制定されて70年以上が経つ。もうそろそろ客観的判断を加え、改めるべきは改める時が来ているのではないだろうか。

 否、「不文憲法」こそが長き歴史をもつ日本には最も相応しいと敢えて言っておきたいと思う。【了】

三島由紀夫が指摘する憲法問題について(2) ~「国民」とは誰のことか~

1つ問題がある。日本国憲法第1条に言う「国民」とはどのような存在かということである。

 ほとんどの人が、日本国籍を有し今生きている人のことを「国民」と考えるだろうが、「死者の民主主義」という考え方もある。

《現今の諸事雑事を問題にする場合、いやしくも平凡人の一致した意見を重視するのであれば、歴史や伝説を問題にする場合、いやしくもそれを無視すべき理由はない。つまり、伝統とは選挙権の時間的拡大と定義してよろしいのである。伝統とは、あらゆる階級のうちもっとも陽の目を見ぬ階級、われらが祖先に投票権を与えることを意味するのである。死者の民主主義なのだ》(チェスタトン「おとぎの国の倫理学」:『G・K・チェスタトン著作集1 正統とは何か』(春秋社)福田恆存安西徹雄訳、p. 76)

 天皇について考えるということは、日本の伝統について考えるということである。伝統とは時代時代を生きた人々の「生き様」を受け継いだものであるから、過去を生きた人々、すなわち「死者」の意見をも汲み取ることが天皇について考える場合には欠かせない。

《単にたまたま生きて動いているというだけで、今の人間が投票権を独占するなどということは、生者の傲慢な寡頭政治以外の何物でもない。伝統はこれに屈服することを許さない。あらゆる民主主義者は、いかなる人間といえども単に出生の偶然により権利を奪われてはならぬと主張する。伝統は、いかなる人間といえども死の偶然によって権利を奪われてはならぬと主張する》(同)

 が、戦後憲法は、日本の伝統を断ち切ろうとGHQが押し付けたものであるから、本来伝統と相容れるはずがない。にもかかわらず、マッカーサーが占領統治に天皇を利用しようとしたために<矛盾>が生じてしまった。

《正しい人間の意見であれば、たとえその人間が自分の下僕であっても尊重する―それが民主主義というものだ。正しい人間の意見であれば、たとえその人間が自分の父であっても尊重する―それが伝統だ。民主主義と伝統―この2つの観念は、少なくとも私には切っても切れぬものに見える。2つが同じ1つの観念であることは、私には自明のことと思えるのだ。われわれは死者を会議に招かねばならない。古代のギリシア人は石で投票したというが、死者には墓石で投票して貰わなければならない》(同)

 このように、「生者」だけではなく「死者」をも含めて「国民」と考えるとすれば、第1条に言う<日本国民の総意>とは、まさに<伝統>そのものということになる。つまり、「国民」をどのように捉えるのかが、第1条の肝(きも)とも言えるのである。

 が、

《もしかりに一歩ゆづつて、「主権の存する日本国民の総意」なるものを、一代限りでなく、各人累代世襲の総意をみとめるときは、「世襲」の話との矛盾は大部分除かれるけれども、個人の自由意志を超越したそのやうな意志に主権が存するならば、それはそもそも近代的個人主義の上に成り立つ民主主義と矛盾するであらう》(「新憲法における『日本』の缺落」:松藤竹二郎『血滾る 三島由紀夫憲法改正』(毎日ワンズ)、p. 106)

 1条と2条の矛盾がなくなっても、それでは新たに13条「すべて国民は、個人として尊重される」との矛盾が生ずると三島は言うわけである。​【続】​

三島由紀夫が指摘する憲法問題について(1) ~憲法1条と2条の矛盾~

日本国憲法

第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

 三島由紀夫は、戦後憲法における天皇規定の矛盾を衝(つ)く。

《第1條と第2條の間には明らかな論理的矛盾がある。すなはち第1條には、「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とあるが、第2條には、「皇位は、世襲のものであって」とあり、もし「地位」と「皇位」を同じものとすれば、「主権の存する日本国民の総意に基く」筈のものが、「世襲される」といふのは可笑しい》(「新憲法における『日本』の缺落」:松藤竹二郎『血滾る 三島由紀夫憲法改正』(毎日ワンズ)、p. 106)

 三島の指摘は尤(もっと)もである。「地位」と「皇位」が同じものなら第1条と第2条は矛盾である。

 戦後憲法は敗戦後、GHQ占領期に押し付けられたものなので、原文の英語を確認しておこう。

Article 1. The Emperor shall be the symbol of the State and of the unity of the people, deriving his position from the will of the people with whom resides sovereign power.

Article 2. The Imperial Throne shall be dynastic and succeeded to in accordance with the Imperial House Law passed by the Diet.

 日本語の「地位」と「皇位」にみられる言葉の類似性は、英語のhis positionとImperical Throneには見られない。

《もし「地位」と「皇位」を同じものとせず、「地位」は国民の総意に基づくが、「皇位」は世襲だとするならば、「象徴としての地位」と「皇位」とを別の概念とせねばならぬ。

 それならば、世襲の「皇位」についた新らしい天皇は、即位のたびに、主権者たる「国民の総意」の査察を受けて、その都度、「象徴としての地位」を認められるか否か再検討されねばならぬ。しかもその再検討は、そもそも天皇制自体の再検討と等しいから、ここで新天皇が「象徴としての地位」を否定されれば、必然的に第2條の「世襲」は無意味になる。いはば天皇家は、お花の師匠や能役者の家と同格になる危険に、たえずさらされてゐることになる》(同、pp. 106-107)

 実際陛下は、「世論調査」等によって、しばしば国民の信認が得られているかどうかが確認されてもいる。が、陛下が<日本国の象徴>ないしは<日本国民統合の象徴>に足る存在かどうかなどどうして国民に判断出来ようか。

 主権者なのだから判断できると強弁するのかもしれない。が、判断するためには天皇がどのような存在なのかを知る必要がある。が、我々には判断に足る情報もなければ知識もない。だから、是か非かの判断はまったく感覚的なものと成らざるを得ない。こんな世論調査など無意味である。【続】