保守論客の独り言

社会の様々な問題に保守の視点で斬り込みます

【最終稿】半藤一利氏が秋篠宮悠仁殿下の家庭教師だった⁈(2) ~『昭和天皇独白録』を読むべし~

《半藤氏が「質問がありますか?」と聞くと、悠仁さまは手を挙げて「アメリカはなぜ広島と長崎に原爆を落としたんでしょうか?」と質問した。

「質問を受けて、これはなかなか難しいぞ、と思いながらも丁寧に答えましたよ。細かいことは忘れてしまいましたが。

あの戦争は片一方だけが悪いんじゃない、向こう(アメリカ)も悪いんだという説が当節盛んです。ですが、少なくとも戦争の状況に持って行くまでは、日本の責任が大きいと私は考えています」》(『FRIDAY』2019年6月28日号)

 原爆を落とした米国も悪いが、もっと悪いのは戦争を引き起こした日本であるという反日家ならではの暴論である。が、國體さえ護(まも)られれば、米国が原爆を使用せずとも日本は降伏していた。

 米国は出来立ての原爆の威力を確認するための実験を行いたかったこと、さらに戦後のソ連との覇権争いにおいて主導権を握ろうとする示威行為として原爆を投下したのである。原爆使用は「ホロコースト」(大虐殺)であり、明らかな国際法違反である。原爆を投下した米国より日本の責任の方が大きいなどというのは戦前の日本をただ貶(おとし)めたいだけの「妄説」に過ぎない。

 半藤氏はさらなる「妄説」を口にする。

《「私に言わせれば昭和8年以来、日本に外交なんてものは一回もありません」(同)

 昭和8年以降の日本の外交は「外交」として認めないと偉そうに言っているのであるが、外交かどうかの線引き基準が示されなければ、ただの床屋談義である。

《昭和8年3月。決してやってはいけなかった国際連盟脱退から、日本はどんどん突っ走って戦争になり、敗戦になった。昭和27年に独立したといっても、その日から安保条約の傘の下に入り、自分たちのことを米国に丸投げした。それが今まで続いている》(同)

 日本が突っ走ったから戦争になったのではなく、日本は戦争に追い込まれたのである。大枠で見れば、大東亜・太平洋戦争は「侵略戦争」ではなく「自衛戦争」だったということである。

 戦争とは相手を必要とするものであり、独り日本だけが勇み出て起こったわけではない。米国のルーズベルト、英国のチャーチルソ連スターリンに翻弄されていたことも戦後公開された様々な資料や証言からも明らかである。

 太平洋戦争はなぜ起こったかについては、昭和天皇が簡にして要を得た解説をなされている。

《総理になった東条は、9月6日の御前会議の決定を白紙に還すべく、連日連絡会議を開いて1週間、寝ずに研究したが、問題の重点は油であった。

 及川の戦争回避案は、内地で人造石油を造るにある。その為に200万噸(トン)の鉄が入用で、之は陸海軍から提供せねばならぬ、又非常に多くの工場を使用せねばならぬ関係上、内地の産業は殆んど停止の危態(ママ)に陥ることゝなる、之では日本は戦はずして亡びる。

 実に石油の輸入禁止は日本を窮地に追込んだものである。かくなった以上は、万一の僥倖(ぎょうこう)に期しても、戦った方が良いといふ考が決定的になったのは自然の勢と云はねばならぬ、若(も)しあの時、私が主戦論を抑へたらば、陸海に多年錬磨の精鋭なる軍を持ち乍(なが)ら、ムザ々々、米国に屈伏すると云ふので、国内の与論は必ず沸騰し、クーデタが起つたであらう。実に難しい時であった。その内にハルの所謂(いわゆる)最后通牒(さいごつうちょう)が来たので、外交的にも最后の段階に立至つた訳である》(『昭和天皇独白録』(文春文庫)、pp. 84-85)

 わざわざ半藤先生のお手を煩(わずら)わす必要もない。​【了】

◇ ◇ ◇

 本日をもって更新を終了いたします。ご愛読ありがとうございました。

半藤一利氏が秋篠宮悠仁殿下の家庭教師だった⁈(1) ~宮内庁は左寄り?~

「昨年、当時の天皇陛下の侍従から、『秋篠宮悠仁(ひさひと)殿下に、太平洋戦争はなぜ起こったのかを、わかりやすく話してください』という依頼があった。ですが、私は最初断ったんです。だって相手は小学校6年生の坊やですよ。そんな幼い子に単純明快に話せるようなことじゃない、無理です、と。だけど何度もお願いされて、じゃあさわりだけでも話しましょう、と出かけていったのが、8月15日でした」(半藤一利スペシャルインタビュー 2019年06月21日:『FRIDAY』2019年6月28日号)

 戦前の日本に悪罵(あくば)を投げつけ続けて恥じることのない半藤一利氏が、太平洋戦争がなぜ起こったのかについて自説を述べればどうなるか。自国に対する自負自信を深めていくべき時期であろうに、半藤氏の与太話を聞かされて、悠仁殿下はさぞ御迷惑だったに違いない。小学校6年生の頃といえば、まだまだ自我意識が固まっておられないだろうから、他者の話に対する拒絶反応が弱い。邪説も簡単に刷り込まれる。誰に御進講願うのかはもっと慎重に選ぶべきだ。

 この侍従が、戦前の日本を否定することが「正義」であるかのように誤解しているのか、それとも将来の天皇反日的に洗脳しようとしているのかは分からない。が、いずれにせよ、半藤氏のような下品な人物に御進講を依頼すべきではなかった。ひょっとして宮内庁反日主義者に巣食われているのだろうか。

《私が話したことのひとつは、私たちの国は、”内陸に乏しい”ということです。北の北海道から南の沖縄まで、長〜い海岸線を持っていて、海岸線の長さだけで言えば、日本は世界で6番目に長い。ところが真ん中に山脈が通っているから、生活できる土地は少なく、国民は海岸にへばりついて生きなければなりません。

そして、こんな海岸線を守ろうとしたら何百万もの兵隊が必要になります。

要するに、この国は、戦争になったら守れっこないんですよ。さらに現在は、原発が海岸線沿いにずらっと並んでいる。ますます守れないじゃないですか。こんな日本が戦争をしていいわけがない。これが本当のリアリズムであり、地政学というんです》(同)

 半藤氏は、<戦争>とは何かが分かっていない。<戦争>は侵略的なものもあれば自衛的なものもある。他国から攻め込まれたら戦うのは当然である。海岸線が長く、兵隊の数が足りないから、他国から攻め込まれても戦わないなどという話にはならない。戦争などせずに白旗を上げて敵を迎え入れればよいなどという変梃(へんてこ)な考えもなくはないが、余りにも特殊過ぎて考慮するには値しないだろう。

 <本当のリアリズム>という話も<リアリズム>というものがよく分かっているようには聞こえないし、<地政学>も海岸線がどうのこうのといった薄っぺらな話ではない。【続】

「外来種」の規制の強化が必要だ

アメリカザリガニやアカミミガメ(ミドリガメ)を「特定外来生物」に指定する方向で、環境省が検討を始めた。

 外国由来で、生態系や人間の生命・身体、農林水産業に被害を与える恐れがある生物のことだ。国内で繁殖しないよう、野外に放つのはもちろん飼育や売買も法律で禁じられ、違反すると懲役や罰金を科される》(8月8日付朝日新聞社説)

 温暖で湿潤な気候風土に育まれ、長きに亙って継承されてきた日本固有の生態系を守らねばならない、そのことを話題としてくれた朝日社説にまずは感謝の意を表したい。

《多くの被害が報告されながら、すっかり身近な存在になってしまい、これまで指定は見送られてきた。

 それをいきなり変更すると、飼い主が困ってひそかに放してしまい、事態をかえって悪化させる恐れがある。このため輸入や販売、放出を禁じつつ、ペットとして飼うことは認めるという新たな類型を設ける方向で議論が進んでいる》(同)

 何事も手順が大事なのであって、いきなり規則を変更するだけで物事が解決するわけはなく、むしろ混乱を招きかねないということに留意が必要だということである。

《知らずに捕まえて持ち帰った場合などの扱いも、今後詰める。実効性のある規制措置が必要だ。

 学校や家で飼うのであれば、最後まで責任を持ち、面倒を見切れなくなったときには、自ら殺処分する覚悟を持たなければならない。残酷で厳しいようだが、生態系を守るためにゆるがせにできない措置だ》(同)

 生態系を守ること、それが最優先だということである。

《たとえばコウノトリやホタルが舞う場所は自然が豊かに見える。だがコウノトリの餌のために外来種のザリガニを放したり、その地域に本来生息していない種類のホタルを育てたりすることは生態系の破壊に他ならない。たとえ善意からでも、あるいは観光客を呼んで地域振興に役立つとしても、認められる話ではない。生き物を放つ際には十分な留意が求められる。

 特定外来生物に指定されながら、漁業者の生計維持のため、特例により一部で飼養が認められているオオクチバスブラックバス)の扱いを続けるかも、今後の検討課題となろう》(同)

 以上のことを踏まえて私が主張したいのは次の類推(analogy)である。つまり、日本の社会を守るために「外国人」の規制を強化すべきではないかということである。

 在日特権も見直すべきであるし、外国人への生活保護支給もやめるべきである。羊頭狗肉状態の技能実習制度も検証が必要である。

 テレビ東京に『池の水ぜんぶ抜く』なる人気番組があるが、あれを見て驚かされるのは、いかに多くの外来種が生息しているかということである。

 同様に一度日本社会の「水」をぜんぶ抜いてみれば問題が見えてくるのではないだろうか。