一燈照隅(池内の日記)

~天邪鬼(あまのじゃく)の独り言~

女性天皇と女系天皇(2) ~女性天皇待望論?~

《「新しい天皇即位式の映像見て、人口減少で存続の危機にあるのは経済国家としての日本だけでなくその皇室もだってことに気づいたわ」という下りから始まるニューヨーク•タイムズ紙の記事を読んで、日本の皇室の長い歴史の中には、女性が天皇だったことが何度もある(8人、10)と知り驚く》(宇多田ヒカル201954日付ツイッター

 これは女性天皇であって女系天皇ではない。このあたりの区別は重要である。

51日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)は、現状で女性天皇の議論が遅々として進んでいないことを指摘し、将来的に天皇家の血筋が途絶えてしまう懸念があるとして、「愛子天皇の即位」の可能性について一歩踏み込んだ報道をした》(NEWSポストセブン5/12() 16:00配信)

 女系天皇は有り得ないとしても、女性天皇は有り得る。このことはしっかり確認しておかねばならない。現状のように男系男子の天皇候補が脆弱(ぜいじゃく)であれば、女性天皇誕生の可能性も考えて、どういう課題問題があるのかを冷静沈着に検討しておく必要がある。

宮内庁では、古代日本から126代続く皇室の文化や制度、儀式や祭祀に関する膨大な文献が管理されている。今改めて、それらの記録が丁寧に調べられているという。

「過去に女性天皇が在位していた時の資料を掘り出して、その間に宮中祭祀や儀式がどのように行われていたかを調べているそうです。

 たとえば、新天皇即位の礼で、天皇玉座である高御座(たかみくら)に立ち、皇后は御帳台(みちょうだい)に立たれます。過去の女性天皇は即位された時、高御座に立たれたのかどうか。

 また、皇室には古来から独特の“血の穢れ”の思想があり、女性皇族は生理中には宮中祭祀に参加されません。かつての女性天皇はどうされたのか。そうした具体的な事案まで調査し、女性天皇容認の本格的な議論に備えているようです」(皇室ジャーナリスト)

 改元をまたいで、女性天皇実現に向け、水面下で着々と準備は進んでいる》(同)

 <女性天皇実現に向け、水面下で着々と準備は進んでいる>などと言えば、何か女性天皇を積極的に誕生させようとしているかのようであるが、実態としては、そうなる可能性が少しでもあるのなら、いざという時のために準備をしておくに如(し)くはないということなのであろうと思われる。

《にわかに盛り上がる女性天皇の待望論。大きな理由は、「安定的な皇位継承を実現するため」というものだ。

 長い歴史を持つ日本の皇室にとって、安定的に皇位を継承することは何にも増して優先される最重要事項である》(同)

 正論を述べているかのようで、怪しい臭いがプンプンする。本気で<安定的に皇位を継承すること>を考えるのなら、戦後GHQによって狭められた旧宮家を復活させることを優先すべきである。少なくともその議論が先になければならない。【続】

女性天皇と女系天皇(1) ~女性天皇賛成の世論~

女性天皇とは文字通り女性の天皇であるが、女系天皇と違って男系天皇の中での中継ぎ的存在である。一方、女系天皇とは、配偶者の男性が天皇家とつながりがないもので、女系天皇となってしまえば、皇室と無縁の男子が皇室に割り込み、男系を遡れば天皇家と無縁の家系にたどり着くなどということになって、皇室が権力争いに巻き込まれかねないのである。権力から遠ざかればこそ皇室に「権威」が保たれるのであるから、男系天皇の伝統は絶対堅持せねばならないのである。

 したがって、女性天皇は認められても女系天皇は認められない、このことが十分理解されないまま女性天皇を認めるか否かを国民に問うのは危険である、というか誤りである。

共同通信社が1、2両日実施した全国緊急電話世論調査によると、即位された天皇陛下に82.5%が「親しみを感じる」と回答した。「親しみを感じない」は11.3%にとどまった。皇室典範で「男系男子」に限るとした皇位継承を巡り、女性天皇を認めることに賛成は79.6%で、反対の13.3%を上回った》(共同通信社 2019/05/02 18:36)

 左翼共同通信社世論調査ですら82.5%もの人が新天皇陛下に「親しみを感じる」と回答しているのは、天皇制廃止を願う人たちには目の上のたんこぶでしかないであろう。が、女性天皇を認める人が、おそらくは男女同権思想の影響であろうが、79.6%もあることには注意が必要であろう。

 最右翼の産経新聞世論調査も同様の結果が見られる。

《皇室の在り方に関して、男系継承の伝統を変えることになる女系天皇に賛成が64・2%、女性皇族が結婚後、宮家を立てて皇室に残り皇族として活動する「女性宮家」の創設についても賛成が64・4%に達した。反対はそれぞれ21・4%、16・3%。女性天皇に賛成は78・3%、反対は13・1%だった》(産経新聞ニュース 5/13(月) 11:52配信)

 そして驚くべきは、多くの回答者が女性天皇女系天皇の違いを理解していると答えていることである。

女性天皇女系天皇の違いについては「よく理解している」が10・6%、「ある程度理解している」は33・4%。「あまり理解していない」は31・6%、「全く理解していない」は20・3%で、合わせると半数を超えた》(同)

 世論調査に一喜一憂しても詮無きことであるが、それにしても4割以上の人が大した情報もないにもかかわらず女性天皇女系天皇の違いを理解しているとあっさりと答えているのは驚くしかない。

 が、そもそも天皇とは何か、そしていかなる存在であるべきか等々を考究したことがないであろう人たちにこのような調査を行ってどういう意味があるというのだろうか。【続】

丸山議員の北方領土発言について(3) ~取り戻す気はあるのか~

《国民の代表である議員として許容される範囲をあまりに逸脱した発言だ。もはや国会に籍を置くべきではなかろう。

 日本維新の会丸山穂高衆院議員が、北方領土返還は戦争をしないと実現できないともとれる発言をした。ビザなし交流で元島民と国後島を訪れ現地での懇談で飛び出した》(515日付毎日新聞社説)

 「平和主義者」の心の狭さがここに表れている。北方領土を取り返すには「戦争」によるしかない。この「理の当然」が認められないのはなぜか。

 ひょっとすると深層心理として「言霊信仰」のようなものがあるのかもしれない。「『戦争』によって奪い返すしかない」などと言えば、本当に「戦争」が起るかもしれない。だから口が裂けても「戦争」という言葉を使ってはならないと直感しているのかもしれない。

 否、やはりより現実的に考えれば、「戦争」という言葉が戦後日本の「禁忌」であったということなのであろう。「平和」というお花畑に閉じ込めておく、それが戦勝国による戦後の対日政策であった。

 もしこのお花畑から出てしまえば赤い悪事が暴かれかねない。先の大戦は日本の侵略戦争などではなく、ソ連スターリンが仕掛けた世界戦略であったということが。つまり、丸山議員を必要以上に非難する人たちの中に共産主義シンパがいるにちがいないことも忘れてはならないのである。

《国家間の問題をいとも簡単に戦争で解決しようと言う政治家がどこにいるだろう。現代では、政治の究極的な目的は戦争を起こさないことにある。あまりの見識の無さにあきれるほかない》(同)

 毎日社説子の<見識の無さ>には呆れる他ない。例えば、米中貿易摩擦だって立派な「冷戦」である。ロシアのクリミア併合、シリア空爆、はたまた北朝鮮のミサイル発射など軍事行動は陸続している。いざとなれば軍事力に訴えようとする姿勢いまだ健在である。

 また、近代は軍事力の行使よりも「情報戦」や「サイバー戦」、あるいは宇宙空間の主導権争いといったものに移行しつつあり、いまだ熱戦だけを戦争だと思い込んでいるのは「平和呆け」と言わざるを得ない。

《大戦末期、ソ連が中立条約を一方的に破棄して対日参戦し、北方四島を軍事占領したのは史実だ。

 戦後、北方四島の帰属をめぐって交渉が続けられてきた。そうした経緯を無視して武力で取り返せばいいというのは、時代錯誤も甚だしい》(同)

 実際の細かな発言は分からないが、丸山議員の言っているのは、北方領土を取り戻すには戦争に訴えるしかないのではないか、ということであって、戦争によって北方領土を取り戻そうと主張しているのではないだろう。

 丸山議員は号令一下軍隊を動かせる地位にはないし、そもそも自衛隊は軍隊ではないから攻撃力が制限されてしまっている。つまり、一国会議員の一見識でしかなく、それをただ自分たちが気に入らぬからといって、寄って集(たか)って袋叩きにするのはただの「リンチ」である。

 取り戻す気のない人たちにはこの違いはどうでもよいことなのかもしれないが、取り戻したい、否、取り戻さねばならないと考える人たちには大きな違いである。

 形だけの交渉だけでは返ってこない。やはり力付くで取り戻すより他はない。が、日本には憲法9条がある。したがって、軍事力を用いて奪還することは出来ない。が、ただこのまま手をこまねいているわけにもいかない。元島民の方々も高齢となってしまっている。

 少なくともお気楽な戦争批判ではなく本気で取り戻そうという気概はなくてはならない。気概無き人たちがお気楽に批判することこそ批判されるべきだ。【了】